標準化業務


標準化特許とは

標準必須特許とは、技術標準規格に準拠して、製品の製造販売やサービス提供を行なうときに、避けることができない特許とされています。つまり、標準規格に採用された技術を使ってビジネスを展開するときには、必ず実施することになる発明の特許です。経済のグローバル化に伴って国際的な標準規格が定められる場面では、ビジネスに特に大きなインパクトを持ちます。
標準必須特許は、例えば、他の標準必須特許を持つ会社とのクロスライセンスや、パテントプールなどに活用されています。


標準必須特許の取得

技術標準は、たいていは多数の関係者の話合いで決まっていきますので、予測外のことが起こることがあります。その中で必須特許を取得するためには、タイムリーで、効率的、かつ、ポイントを押さえた的確な特許出願とその後の中間処理が必要です。例えば、他社との話合いの中で新たなアイデアが浮かぶこともあるでしょう。しかし、同じタイミングで話をしている相手も同じアイデアを思いついているかもしれません。したがって効率的に準備して、タイムリーに特許を出願することが必要です。また、話合いで技術標準が決まっていく中で、当初はベストと考えていたアイデアに代わって、セカンドベストのアイデアが採用されることもあります。そのようなときでも、ポイントを押さえて出願、中間処理を行なうことで、自らのアイデアで標準必須特許を取得できます。


標準必須特許の活用

標準必須特許は、標準必須特許を持つ他社とのクロスライセンス、パテントプールへの参加、特許売却などに活用することができます。ただし、それに先立って、特許を評価、鑑定しておくことが必要です。
特許を出願、取得したときには標準必須特許だと考えていたものの、活用しようとして評価したところ、標準規格と一致していない部分が見つかり必須特許でないことがわかることがあります。あるいは、特許庁の審査では見つからなかった先行技術文献が、後になって見つかって特許が無効になることもあります。したがって、その特許の必須性や、特許性を確認しておかなければ、実際に活用することができません。
また、第三者の鑑定が完了していれば、スムーズに特許を売却できる可能性も高まります。
インフォートでは、標準必須特許の取得に20年以上にわたって関わってきたベテラン弁理士や、標準必須特許のパテントプール運営経験をもつ弁理士がチームとなって、使える必須特許の確実な取得や、活用のための評価、鑑定をお手伝いします。

go to top