知的財産権創出業務


権利化業務

近年、企業においては、知的財産権を取得するだけではなく、その権利を有効に活用して事業を強くするようになってきております。権利を有効に活用することを考えた場合、単に技術orientedの観点だけではなく、ビジネスorientedの視点をも入れて権利化を図る必要があると考えます。インフォートにおいては、知的財産をビジネス資産と捉え、ビジネスorientedの視点をも入れて権利化を図り、事業を強くする知的財産権の創出を目指します。
事業を強くする知的財産権があることによって、競合他社がその知的財産権を回避した製品開発に要する期間の独占による利益や、競合他社が参入を諦めることでの独占による利益をもたらします。したがって、前述のような利益が得られるために十分な範囲で権利化することができて初めて事業を強くする知的財産権を取得したことになります。単に自社の対象製品だけを押さえる範囲で権利化しても事業を強くする知的財産権を取得したことになりません。
インフォートでは、このような事業を強くする知的財産権の創出のために、出願前段階で市場分析、他社特許分析を行って競合関係を調べます。また、権利創出段階では、前述のような利益が得られるために十分な範囲をカバーするために、特許情報分析や弊所独自のツールを用いて必要な権利化指針を作り、それに沿って権利化を図ります。このような権利化指針を用いて権利化を行うことにより、創出する権利の方向性が揃い強固なポートフォリオを構築することができます。

権利化業務フロー


特許情報分析

特許の出願から登録、そして、その維持には多くの金銭的、人的リソースが必要です。したがって、特許出願されているのは、各社が開発した新しい技術の中でも、そのリソース投入に見合うほど重要なものです。また、特許出願の書類は、技術的な内容が理解できるように作成することが法律によって要請されています。つまり、特許出願の書類は、各社の重要な技術が読んで理解できる形で記載されている、重要な技術情報源といえます。しかし一方で、日本特許だけでも年間の出願件数が数十万件に上るため、すべてを確認するのではなく、ポイントを押さえて効率的に活用することが必要です。
インフォートでは、技術動向の把握、競合他社動向把握、重要特許の調査などの目的に応じた特許情報の活用をサポートします。
また特に研究者、開発者の方へのご支援として、イノベーションリサーチ株式会社と協力して、特許情報を技術情報のリソースとして効率よく利用するお手伝いをしています。

特許情報分析


管理業務

事業を強くする知的財産権の創出のためには、実体面へのサポートと同時に、手続き・管理面へのサポートが重要になってきます。知的財産関連の法律・規則は頻繁に改正され、また、国毎に法律・規則も異なるため、同一の手続を行う場合でも、手続きの期限や必要書類は同じとは限りません。私達は、このような各国の手続き全般に対して正確な知識を持ち、ご依頼の段階で必要手続・書類を予測し、適正かつ効率的な手続きを行うことで、手続き面について知的財産創出をサポート致します。
また、知的財産権を管理する企業は、組織化された知的財産部を持つ大企業から、知的財産部を持たない中小企業まで様々です。さらに、企業毎に、知的財産戦略や管理形態も異なります。そのため、私達は、企業毎の最適な管理が何かを常に考え、企業毎に管理範囲・管理方法を柔軟に変えて、管理面について知的財産創出をサポート致します。例えば、知的財産部を持つ企業に対しては、企業の知財戦略に基づく管理形態、範囲及び方法等を把握し、その中心範囲に対して手厚い管理を行い、周辺範囲に対しては漏れが無いよう補完的な管理を行います。
また、例えば、知的財産部を持たない、又は、知財選任者がいない企業に対しては、弊所が貴社の知的財産部・知財選任者の代わりになって、貴社案件全般に対する案件一覧管理を行い、又は、期限等の連絡回数を増やして段階的な期限管理を行うと共に、分かり易い言葉・表を用いて専門手続等についての連絡や説明を丁寧に行い、十分に理解して頂きます。

管理業務

go to top